トップページ > 主催イベント > 後継者アカデミー 公開講座・オープンセミナー ~事業継続のための智恵と工夫~

後継者アカデミー 公開講座・オープンセミナー ~事業継続のための智恵と工夫~

後継者アカデミー 公開講座・オープンセミナー ~事業継続のための智恵と工夫~後継者アカデミー 公開講座・オープンセミナー ~事業継続のための智恵と工夫~

平成28年度 第3回京都府プロフェッショナル人材戦略拠点セミナー案内チラシ(PDFファイル)

「そろそろ先代の経営の後を継ぎたい・継がなくてはならない」と思うものの、事業承継後、事業を継続・発展させるため、「どうすればよいのか!」、「何から手を付ければよいのか!」というふうに悩んでいる中小企業の事業後継者、後継者候補の方はおられませんか!
京都産業21では、事業承継を円滑的に進めるため、次代を担う事業後継者の方を対象に以下のとおり公開講座、オープンセミナー及びビジネスモデル策定連続講座の3部構成から成る「後継者アカデミー」を開催します。事業を引き継ぐにあたり、ただ引き継ぐのではなく、「攻めの経営」の姿勢で事業を引き継ぎに臨みたいと考えておられる方、同じ事業後継者同志の仲間づくりがしたい方、この機会にご参加ください。

公開講座 オープンセミナー
日 時 平成29年10月11日(水)13:30 ~ 16:30 平成29年11月1日(水)13:30 ~ 16:30
会 場 京都リサーチパーク4号館 2階 ルーム1
京都市下京区中堂寺粟田町93
JR嵯峨野線 丹波口駅、市バス 京都リサーチパーク前下車
定 員 50名
参加対象 京都府内の中小企業の後継予定者及び事業承継後5年未満の経営者の方
内 容

■基調講演
テーマ 「時代に忘れられた胡粉を現代に活かした、娘の知恵(仮題)」
講師:上羽絵惣 代表 十代目 石田 結実 氏

■対談
テーマ 「本音のはなし、親の経営、価値を信じていた部分。納得できなかった部分。そして上羽絵惣は、なぜ市場を変えることに成功したか!」
対談者:上羽絵惣 代表 十代目 石田 結実 氏・近畿大学 経営学部准教授 松本 誠一 氏

■講演
テーマ 「親の経営を継ぐとき、何を選択するか」
講師:近畿大学 経営学部准教授 松本 誠一 氏

■京都府プロフェッショナル人材戦略拠点事業について
説明:サブマネージャー

■テーマ1 残すもの「経営理念と自社の強み」
*時代が変わっても色あせない経営理念と自社の存在理由である強みを考える
講師:京都府よろず支援拠点コーディネーター
京都100年企業コーディネーター 林 勇作

■テーマ2 変えるもの「ビジネスモデル」
*なぜ変化に対応するビジネスモデルが必要なのかを考える
講師:一般社団法人関西dラボ 代表理事 岡田 明穂 氏

■京都府プロフェッショナル人材戦略拠点事業について
説明:サブマネージャー

講師紹介

石田結実(いしだゆみ)
上羽絵惣株式会社代表取締役
宝暦元(1751)年から続く日本最古の日本画絵具製造販売元「上羽絵惣」の十代目
結婚を機に一時店を離れるが、家業の再建を果たすため、会社の経営を担う。2010年に伝統の技術を活かした新商品「胡粉ネイル」をに発表し、多くの注目を集める。
カラーコーディネーター・カラーセラピスト・伝統色彩師として講演やメディアにも出演。色の持つ魅力を伝えている。

松本誠一(まつもとせいいち)
近畿大学経営学部准教授
専門:業界発展分析
大学卒業後、経営コンサルティング会社、企業調査会社の調査部門、企画部門、シンクタンク部門に勤務した後、2014年4月近畿大学経営学部に赴任。経済産業省知的資産経営報告書活用・普及研究会委員、企業活力研究所CSR研究会委員などを歴任。

林勇作(はやしゆうさく)
京都府よろず支援拠点コーディネーター
京都100年企業コーディネーター
中小企業診断士
株式会社センチュリークリエイティブ代表取締役
企業を長寿化させる経営スキルを伝え、支援するコンサルティングを行う。実際に300年、400年以上継続している京都の老舗を巡る現場体感型セミナーを提供する方法を取っている。
更に研究会では老舗の経営を取り入れるための勉強会も主宰し、本物の経営を伝える。

岡田明穂(おかだあきほ)
一般社団法人関西dラボ代表理事
中小企業診断士
証券会社・コンサルティングファーム勤務を経て、中小企業診断士として独立。自身のクライアントのビューティサロンを多店舗展開するベンチャー企業の取締役経営企画室長として経営に参画。ビジネスモデルキャンバスやフューチャーマッピング等先進メソッドを効果的に組み合わせ、事業の変革シナリオを描くビジネスストーリーデザイン手法は好評で、数多くの企業から支援依頼を受け課題解決に取り組む。

申込方法 WEB申込みフォームよりお申込みいただくか、チラシ裏面の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX(075-315-9091)またはE-mail(keizoku@ki21.jp)でお申し込みください。
お問合わせ先

公益財団法人 京都産業21
京都中小企業事業継続・創生支援センター 担当:吉田 TEL:075-315-8897

京都府よろず支援拠点 担当:山本、林 TEL:075-315-8660

FAX:075-315-9091(FAXでのお問合せ先は共通番号です)

内容 公開講座

■基調講演
テーマ 「時代に忘れられた胡粉を現代に活かした、娘の知恵(仮題)」
講師:上羽絵惣 代表 十代目 石田 結実 氏

■対談
テーマ 「本音のはなし、親の経営、価値を信じていた部分。納得できなかった部分。そして上羽絵惣は、なぜ市場を変えることに成功したか!」
対談者:上羽絵惣 代表 十代目 石田 結実 氏・近畿大学 経営学部准教授 松本 誠一 氏

■講演
テーマ 「親の経営を継ぐとき、何を選択するか」
講師:近畿大学 経営学部准教授 松本 誠一 氏

■京都府プロフェッショナル人材戦略拠点事業について
説明:サブマネージャー

オープンセミナー

■テーマ1 残すもの「経営理念と自社の強み」
*時代が変わっても色あせない経営理念と自社の存在理由である強みを考える
講師:京都府よろず支援拠点コーディネーター
京都100年企業コーディネーター 林 勇作

■テーマ2 変えるもの「ビジネスモデル」
*なぜ変化に対応するビジネスモデルが必要なのかを考える
講師:一般社団法人関西dラボ 代表理事 岡田 明穂 氏

■京都府プロフェッショナル人材戦略拠点事業について
説明:サブマネージャー

申込方法 WEB申込みフォームよりお申込みいただくか、チラシ裏面の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX(075-315-9091)またはE-mail(keizoku@ki21.jp)でお申し込みください。
お問合わせ先

公益財団法人 京都産業21
京都中小企業事業継続・創生支援センター 担当:吉田 TEL:075-315-8897

京都府よろず支援拠点 担当:山本、林 TEL:075-315-8660

FAX:075-315-9091(FAXでのお問合せ先は共通番号です)
申込書はこちら

申込フォーム

参加される講座・セミナーに
チェックを入れてください。
必須・複数選択可)
企業名
(必須)
企業名
フリガナ
(必須)
参加者
(必須)
職名
氏名
氏名
フリガナ
連絡先
(必須)
郵便番号
※半角数字
市区町村
番地以降のご住所
TEL
※半角英数字
FAX
(任意)

※半角英数字
E-mail
(必須)

※半角英数字
資本金
(任意)
従業員数
(任意)
業種
(任意)

※ご記入いただいた個人情報は、本セミナーの実施・運営に利用するほか、当財団に関係する各種情報提供の目的のみに使用します。