後継者マッチング事業

平成27年7月11日(土)、京都中小企業事業継続・創生支援センターにおいて「平成27年度 第1回ミライミーティング」を実施いたしました。

01

「ミライミーティング」とは、事業を継続させたいが後継者が不在である企業の経営者と、既存事業を引き継ぐことによるメリットを享受して経営を行いたいと考えている起業家とを結びつけるマッチング事業です。

今回の説明会では、起業家の方を対象に、当事業の説明と、実際にマッチングを希望されている企業紹介を行い、10名の方々にご参加をいただきました。以下、当日のプログラムに沿って、説明会の概要をご紹介いたします。

1.京都後継者マッチング事業概要・登録方法説明

まずは、京都中小企業事業継続・創生支援センターより、近年の地域別の後継者不在率についてのデータを示しながら、後継者マッチング事業の背景や必要性についてご説明させていただくとともに、昨年度に開催した後継者マッチング事業の事例や実績について説明させていただきました。

02

次に、今年度の後継者マッチング事業の仕組みや、本事業による事業承継の想定イメージや流れ、当センターによるサポートの内容や今年度から新たに始まった「京都府 後継者バンク」について説明させていただきました。

平成26年2月に第1回のミライミーティングを開催してから、これまでは主に、京都市内とその近辺の地域の企業の後継者マッチング事業を開催してまいりました。
今後は、下記3点を推し進めていきたいと考えております。

  • ・各経営者支援機関と連携し、特に地方活性化に向けて、府北部及び府南部地区で抱える後継者不在企業の支援の強化
  • ・マッチング成立後の採用者への資産承継に至るまでを想定した支援体制を確立することで、長期的な経営課題に対しての官民一体の支援ネットワーク体制の強化
  • ・後継候補者の発掘の強化および「京都府 後継者バンク」の登録者の拡大

2.後継者募集企業紹介・質疑応答

続いて、本事業を通じて現在、後継者を募集している企業の紹介が行われました。不動産賃貸に留まらず創業支援サービス業への転換を目指す後継者募集企業の経営者ご自身から、業種、直近売上高、会社の設立経緯、顧客層、地域の特徴等をご説明いただきました。また、新たな事業と後継者への期待として、イノベーションを起こせる事業への転換と承継への想いを語っていただきました。さらに、求める人材像や入社後の業務やキャリアパス・採用後の能力開発まで、具体的にご説明をいただき、参加者の方にも採用後のキャリアがイメージしやすいプレゼンをしていただきました。

質疑応答では、後継者募集中の企業についてのより具体的に踏み込んだ質問などについて活発なご質問をいただきました。説明会後の時間は、個別相談・フリータイムとして、交流や理解を深めていただくひとときとなりました。

03

平成25年度・平成26年度に引き続き、3年目を迎えた、平成27年度1回目の京都後継者マッチング事業「ミライミーティング」は、無事に終了しました。より皆様のお力になれるよう、今年度も、経営者・後継者募集企業と後継希望者・起業家とをマッチングする「ミライミーティング」を企画してまいります。今後もご期待ください。

*おわりに

京都中小企業事業継続・創生支援センターでは、平成27年度も事業承継問題解決に向けて様々なセミナーやマッチングイベントの開催を予定しています。事業承継対策事業の開催概要・予定については、ぜひ『京都起業・承継ナビ』をご覧ください。

トップページ > 事業承継支援 > 後継者マッチング事業 > 平成27年度 第1回ミライミーティング開催報告