後継者マッチング事業

平成29年2月21日(火)に、京田辺市商工会館CIKビル(京都府京田辺市)において「第3回京都府プロフェッショナル人材戦略拠点セミナー ~事業承継の問題点!成功・失敗事例からひも解きます~」を開催いたしました。

京都府プロフェッショナル人材戦略拠点は、京都府内の中小企業の皆さまに、「攻めの経営」への意欲を喚起し、プロフェッショナル人材の活用による成長戦略実現を促す目的で、公益財団法人京都産業21内に平成27年12月1日に設置されました。

今回のセミナーのテーマは「事業承継」です。昨今では、後継者がいない、そもそも誰に相談すればいいかわからないなど、事業承継に関わる様々な悩みを持つ事業経営者が増えています。こうした事情を鑑みて、このセミナーでは、株式会社アズマネジメントコンサルティング代表取締役の風谷昌彦先生を講師にお招きして、事業承継の問題点を実際の成功・失敗事例をサンプルにお話いただきました。

以下、当日のプログラムに沿って、セミナーの概要をご紹介いたします。

1.主催者挨拶

京田辺市商工会副会長の鈴木様にご登壇いただき、「今回のセミナーで、事業承継の問題をより身近なものと捉えていただきたい」と、お話をいただきました。

01

2.京都中小企業事業継続・創生支援センターのご紹介

京都府プロフェッショナル人材戦略拠点サブマネージャーの山本泰功より、京都中小企業事業継続・創生支援センター及び、京都府プロフェッショナル人材戦略拠点の事業について説明いたしました。

今回は、後継者の人材マッチングを実施した飲食店や、次代の経営者の右腕となる人材を発掘した企業など、中小企業の中核人材確保を行った実際の相談事例をもとに、各企業の課題解決のための支援事業についてご説明いたしました。

3.「事業承継の問題点!成功・失敗事例からひも解きます」

続いて、風谷昌彦先生より、「事業承継の問題点!成功・失敗事例からひも解きます」というテーマでご講演をいただきました。

04

まずは、事業承継の現状についてご紹介いただきました。2020年頃に到来する経営者の大量引退期を前にして生じる様々な問題や、経営者の高齢化問題、過半数の企業で事業承継に向けての準備が進められていないという状況について触れ、中小企業が抱える承継対策の問題点についてご説明いただきました。また、風谷先生が実際に遭遇された実例についてお話いただき、経営者が急逝し長男が2代目となるも、ノウハウ不足で経営に失敗した建築資材販売会社を例に、適切な事業承継対策を行うことへの重要性についてご説明いただきました。経営者引退にあたって、親族外承継を含めた事業承継の形が多様化している現状についても触れ、経営者年齢の若返りによるメリットについても強調していただきました。

次に、話題は「事業承継で何を引き継ぐか?」という、事業承継で最初に突き当たる問いについてです。この問いに対する答えについては、「人材や経営権、株や設備といったモノに加えて、最も重要であるのが『知的資産』である」とし、アンケート結果を元に、老舗企業などのリアルな声をご紹介いただきました。アンケート上の「今後生き残っていくためには何が必要だと考えますか?」という問いで、最も票を得ていたのが「信頼の維持」という項目で、65%という数字を獲得しており、「これこそが企業が生き残るためのポイントである」とご説明いただきました。

また、「実際に事業承継を進めるにあたって準備するべきなのはどのようなものか」という問いについては、「まずは現状の把握が大切」と説明。「会社の資源、経営リスク、そして何よりも経営者自身の状況と後継者候補の有無などのチェックが、今後の事業承継の計画作りにおいて重要である」と解説していただきました。実例として、子息や子女が引き継ぐ親族内承継の場合と、第三者が引き継ぐ親族外承継のそれぞれの場合について、成功例・失敗例をご紹介いただきました。事業承継での重要なポイントについて、「できる限り早くから事業承継に取り組む方が良い」、「お金も重要であるが、お金ばかりに焦点を当てすぎない」、「何より大切なのは現在の経営者と後継者のコミュニケーション」とポイントをまとめていただきました。

04

最後に、「事業承継は事業を継続していく上で、決して避けては通れない重大な局面と言えます。しかし、これまでの経営者では変えることのできなかったポイントを変革できるチャンスでもあります。事業を未来につなぐためには積極的な事業継承への取り組みが必要になっていきます。その取り組みには決まった形はなく、様々なパターンがあるので、それぞれの企業の強さを引き出した上で、それらを確実に引き継げる方法を見つけていただきたいです」とセミナー参加者に向けてエールを送りました。

*おわりに

今回のセミナーでは、豊富な事業承継実績をお持ちの風谷先生より実際のケースを例にした事業承継の事例をご紹介いただきました。多くの事例から中小企業が抱える事業承継の問題を再確認でき、また、今後どうしていくべきかの指針が示された有意義なセミナーとなりました。

京都府プロフェッショナル人材戦略拠点では、プロフェッショナル人材採用による中小企業の皆様への支援を強化すべく、今後もイベントの開催や支援体制の整備・強化を行って参ります。最新情報は『京都起業~承継ナビ』をご覧ください。

トップページ > 事業承継支援 > 後継者マッチング事業 > 「平成28年度 第3回京都府プロフェッショナル 人材戦略拠点セミナー」開催報告