2013/11/08掲載 事業転換事業転換技術支援技術支援

第3回 食品・バイオ技術セミナー[主催:京都府中小企業技術センター][開催日:11月28日/申込締切:11月21日]

タイトル 第3回 食品・バイオ技術セミナー
日 時 2013年11月28日(木)13:30~16:30
場 所 京都府産業支援センター 5階 研修室
(京都市下京区中堂寺南町134)
定 員 60名
※定員を超えた場合のみ、その旨ご本人に連絡いたします。
内 容 ■講 演

「柿渋の歴史的背景とその応用」

講師 岩本亀太郎商店 代表 岩本 将稔 氏
柿は、中国が原生地とされていますが、日本の風土に溶け込んだ極めて日本的な果樹で、学名を Diospyros kaki と言い、海外でも kaki で通用しています。
柿渋は、この柿を原材料として製造されますが、その起源については十分わかっていません。ただ、日本人は見事なまでに活用してきました。
本講演では、柿タンニンを主成分とする柿渋の歴史的背景や新しい製造法(柿タンニンの分離法)及びその利用についてご紹介します。

「飯尾醸造の酢造り」
~ 小さくても周囲から必要とされる会社を目指して ~

講師 株式会社飯尾醸造 会長 飯尾 毅 氏

今年で創業120年を迎える当社は、過去に何回か廃業の危機に見舞われました。その危機を救ったのが、昭和30年代にに始めた無農薬のお米を原料にして製造した純米酢でした。
農家さん達の協力の下、安全な無農薬のお米を原料にして製造した純米酢が自然食品の販売店で少しずつ売れ始めました。
本講演では、米づくりから始まる当社の酢造りの開発の歴史や製造方法についてご紹介いたします。

■意見交換

講師の方々と意見交換ができます。

費 用 無料
詳細URL http://www.mtc.pref.kyoto.lg.jp/rea/sem/syok09/25/131128
申込方法 FAXでのお申し込みはこちらの様式(Word形式:91.1KB)をダウンロードしてください。WEBでのお申し込みはこちらからできます。
主催・ 問い合せ先 京都府中小企業技術センター
応用技術課 食品・バイオ担当
TEL 075-315-8634
FAX  075-315-9497
E-mail ouyou@mtc.pref.kyoto.lg.jp
備 考