2014/06/16掲載 資金調達資金調達事業転換事業転換

-6次産業化の取り組みを支援します-「きょうと農林漁業成長支援ファンド」を設立![主催:京都銀行 他]

京都銀行(頭取 髙﨑 秀夫)では、京都信用金庫、京都中央信用金庫、京都北都信用金庫、株式会社 農林漁業成長産業化支援機構、テクノロジーシードインキュベーション 株式会社、京銀リース・キャピタル 株式会社と共同で「きょうと農林漁業成長支援ファンド投資事業有限責任組合」を設立いたしました。

当ファンドでは、京都エリアを中心とした農林漁業の6次産業化に取り組む事業者への出資のほか、京都府内の農林漁業関係団体等と連携して経営支援等の総合的なサポートを行い、地元農林漁業の成長産業化を支援してまいります。
当行では、企業のライフステージに応じたファンドの設立、ファンドへの出資、地元成長産業の支援を通じ、より一層地域経済の活性化に貢献してまいります。

※6次産業化…1次産業者(農林漁業者)が、生産だけにとどまらず、2次産業(加工等)、3次産業(流通等)も一体のビジネスとして手掛けることで付加価値を高め、高い収益性を実現する取り組み。
1次、2次、3次の数字を掛けて6になることから名づけられた。

詳細URL

http://www.kyotobank.co.jp/news/data/20140609_958.pdf