2016/08/19掲載 事業転換事業転換技術支援技術支援

第1回 環境セミナー[主催:京都府中小企業技術センター][開催日:9月2日]

化学物質リスクアセスメントへの対応

平成28年6月1日、改正労働安全衛生法の施行により、一定の危険有害性のある化学物質についてのリスクアセスメントが義務化されました。リスクアセスメントとは、化学物質やその製剤のもつ危険性や有害性を特定し、それによる労働者への危険または健康障害を生じるおそれの程度を見積もり、リスクの低減対策を検討することです。業種や事業場規模にかかわらず、対象となる化学物質の製造や取扱いを行う事業場が対象となります。

本セミナーでは、リスクアセスメントの実施体制、リスクアセスメントの流れなどについて、具体例を示しながら解説するとともに、相談窓口など支援体制についてもご紹介します。

 

詳細URL:https://www.mtc.pref.kyoto.lg.jp/seminor/20160902/